Home > 開発

開発 Archive

プログラムエディタAptana Studio 2.0のインストールメモ

このエントリーをはてなブックマークに追加

Titanium Mobileを試してみるために環境構築中、
エディタとして使ってみようと思っていたAptana の設定で意外と躓いたのでメモ。

・ダウンロード

公式サイトAptanaからダウンロードしてインストール

スクリーンショット(2011-06-04 18.28.29).png スクリーンショット(2011-06-04 18.40.27).png

左が2.0、右が3.0。

・日本語化

Pleiadesの安定版をsourceforgeから取得。

Pleiades – Eclipse プラグイン日本語化プラグイン

今回は安定版1.3.2を使用。
DLしてきたファイルを展開。

スクリーンショット(2011-06-04 18.30.41).png

展開したフォルダの中の

features/jp.sourceforge.mergedoc.pleiades

plugins/jp.sourceforge.mergedoc.pleiades

をインストールしたAptana Studioのフォルダに有るfeatures、pluginsへコピー。
(それぞれpleiadesフォルダをコピーするようにしないと駄目)

iniファイルはインストールしたAptanaStudioを右クリック「パッケージの内容を表示」させたパッケージ内。

スクリーンショット(2011-06-04 18.17.09).png

Contents/MacOS/aptanastudio.ini

このiniファイルの最後に追加したpluginsへのパスを記載する。

-javaagent:/Applications/Aptana Studio 2.0/plugins/jp.sourceforge.mergedoc.pleiades/pleiades.jar

ここで、インストールするAptana Studioのバージョンによって太文字の場所が違うので注意。
素直にフルパスを設定してあげる事。
(webで検索すると、AptanaStudioと書かれている事が多く、油断してハマったw)

・Titanium Autocompleteのインストール

AptanaでTitaniumuの入力保管機能を追加してくれるjsがこのページで配布されてます。

james david low / work / Titanium Autocomplete Eclipse

Installationの2) Download the javascript header fileのリンク部分をファイル保存してtimobile.jsをローカルに保存。

スクリーンショット(2011-06-04 19.00.19).png

起動したAptanaの左側に「参照」タブがあるので、そこにDLしたtimobile.jpをドラッグドロップ。
File Referencesが追加されて、これで入力保管してくれるようになる。

※というかAptana3が異常に重い気がするんですが、気のせいかな。
 いい加減マシン買替の頃合いなのかなぁ??


参考にしたページ(ありがとうございました):

Titanium と Aptana でモバイル開発 | アカベコマイリ

Aptana Studio 2.0の日本語化 – バス釣りブログ バス釣りとWordPress

 
Similar Posts:

ホーム > 開発

Tag Cloud

Return to page top