Home > iPhone > この人が行ってるなら旨いんだろう、って探し方に使えそうな食べ物写真SNSアプリ「miil(iPhoneアプリ)」

この人が行ってるなら旨いんだろう、って探し方に使えそうな食べ物写真SNSアプリ「miil(iPhoneアプリ)」

  • 2011-10-30 (日) 12:14
  • iPhone
このエントリーをはてなブックマークに追加

食べ物系の写真投稿アプリとパッと考えると、mogsnapであるとか
本来は違うんだろうけどInstagramとか、Pathとかも有った気が。

そんな食べ物系のアプリにまた新しいものが登場。

ミイル【魔法のお料理カメラ】miil-Food camera for iPhone (毎日のクッキングや外食の料理写真とレシピを簡単共有&編集!Facebook、TwitterやLINEにも投稿できる無料グルメ&コミュニティアプリ) App
カテゴリ: フード/ドリンク
価格: 無料

豚組を経営されてる中村さんが作った会社、FrogAppsの最初のアプリですね。

食べ物系SNSと聞いたら、試さずには居られない訳で。
一週間ほど試してみました。速報は色々な人に任せてw

miil: ごはん、おいしい、カメラ。色と明るさを調整してよりおいしい写真を共有しよう!無料。|AppBank

食べて撮ってシェアして繋がる! “miil” は “美味しいソーシャル”だ!! | No Second Life

”食”を共有するカメラアプリ「miil (ミイル)」〜料理の写真を直感的に加工!名付けて「デリシャスタッチフィルター」機能が凄い! | @CDiP

ってAppBankで使われてる麻婆豆腐の写真、私が投稿した奴だw
AppBankなら連絡くれれば別にモザイクかけなくてもいいのに。

さてさて、このアプリの流れとしては、

他のユーザをフォローする、フォローされる→写真撮る
→投稿する→コメント付いたり食べたい!ボタンが押されたりする。

で、一杯コメントがついたり食べたい!が押されるとHOTとして紹介される。
この辺はパッと見Instagramと同じ流れなんですが。

201110301122.jpg IMG_3728.PNG   

個人的にかなり気に入ったポイントを。

写真の明るさ、色合いの調整が直感的!

これはもう流石としか言いようがないんですが、このUIは凄く直感的。

IMG_3729.PNG

撮影するお店や場所、ポジションによって光の当り具合が変わるので毎回同じ設定では駄目で、
その写真ごとの微調整をしないと美味しい食べ物のその美味しさが伝わらんのです。
このアプリでは調整が麺で真ん中のポッチを上下に動かすと明るさ、左右で色合いが調整できるので、
この辺りが今現物を見ている自分の感覚と近い、というポイントに持っていきやすいのです。

このUI考えた人、本当に凄い。

位置情報も一緒に登録していく事で有志のデータベースになる

多分このアプリの最大の売りであろう部分。SNS的な側面を。
Instagramにもどこで撮った写真かを登録する機能があって、そのお店の位置情報をクリックすれば
そこで登録された写真が羅列して見れるという機能がありますが、
miilにも当然その機能があります。

IMG_3730.PNG IMG_3675.PNG

登録する際にはGPS機能を使ってお店を検索する事が出来ますし、
既に登録されているお店なら自動的に住所や電話番号も登録されます。

そしてストリームに流れている写真で気になるお店があったら、
そのお店の名前をタップすることで、詳細と過去に投稿された写真を見る事が出来る。

ここまでだと、Instagramと同じなんですが。

IMG_3673.PNG IMG_3672.PNG

このアプリの良い所は、現在位置からの距離、もしくは場所名で検索が出来る!
職場近くで、とか今日はあの辺行くけどお昼どうしようかなぁなんて時に使える。

なら食べログとかでもいいじゃん、なんて思うかもしれませんが。
SNSとくっついている事で、

この人が評価している(食べている)お店なら大丈夫!

という探し方が出来るという事。
食べログで高評価のお店に行ってみたけど、ちょっと自分の求めているものと違ってガッカリする事ってあるでしょ?
僕は多々あります。(それは探検の必要経費だと割り切ってますが)
逆にmogaちゃんが勧める店なら安心して行ける、とか言われる事も。

miilでの検索結果なら、お店の情報が有って、さらにここに写真を投稿している人という情報がくっついてきます。  
これが元々の形の、いい形での口コミュニケーションを形成するのではないかと。
そしてベースが写真なので、ネガティブな情報は載りません。不味かったら写真なんて投稿しないから。

食べたい!ボタンが絶妙にお店のブックマークになっている

これも絶賛したい所。Instagramの「いいね!」に近いんですがちょい違う。
写真見て、なにこれ行ってみたい! と思って「食べたい!」ボタンをタップしておくと、

IMG_3667.PNG

マイページにある「食べたい!お店」に登録されて、

IMG_3670.PNG IMG_3669.PNG

すぐ写真を引っ張り出せる。
そしてお店の情報を見る事が出来る。

この辺りのコンセプトは、さすが代表が飲食店を経営している人だなぁと。
お店の場所は写真を投稿している人が勝手に投稿してくれるんだから、受ける側はそれをタップするだけで良い。
今まで店名からいちいち検索してた手間が省けていい。
お店の情報が登録されていなくても、店名さえ入力されていれば「お店について検索する」で直接googleの検索が行われる。
何となくチェックしておいて、ぷらっと「そういやこの辺にあのお店あったよなぁ」って使い方に適しているかなと。

とはいえ、まだスタートしたばかりのアプリ。
色々気になる部分はあります。

お知らせをもうちょっと整理して欲しい、コメントに宛先が欲しい

食べたい!が押されたり写真にコメントがつくとお知らせに乗ります。

IMG_3668.PNG

自分の写真に食べたい!やコメントがつくのはとても嬉しいです。
また投稿しよう、って気になります。
ただ、一点気になったのが
「他の人の写真にコメントをつけた後、別の人が 同じ写真にコメントをつけるとそれも通知される」
という所。
食べたい!は通知されないのですが、たまたまHOTに乗るような写真にコメントを書くと

自分の写真じゃないコメントのラッシュw

肝心な自分宛のコメントが埋もれてしまう事も。
ここはユーザIDを書くとコメント送信先に指定できる等、絞り込みが出来ればいいなぁと。

お店の情報登録をがんばって!

これはこの間遭遇したのですが、神田の裏路地に有るようなお店だと電波が入らない。
しかもそんな時に限ってポケファイが安定してない。

で、後でお店の情報を投稿しようとした所、検索しても出てこない。
(これ多分最近仕様が変わった気がします。リリース当初は4sqの情報使ってたんじゃないかな?ってぐらい
 同じ店が大量に。これも困るけどw)

こうなると、お店の名前を仮で登録しようにも位置情報がないから登録できない訳で。
GPS無しで、お店の情報を登録できる手段が欲しいかも。
マメな人なら後で情報を補正してくれるだろうし、下手をするとこれで投稿止めちゃったりするかもしれない。

…私?後で補正しようとして忘れる人w

あとちょっとしたリクエスト。

GPSからキーワードで駅名とかを入れて、今居る場所じゃない場所の検索をして、
ヒットした写真のお店情報を見て戻ると検索条件自体が消えてる。これは消えないで欲しい。

検索条件にユーザとジャンルとが入るとうれしいかなぁ…それこそ、この辺で誰々が行ってるお店!って探し方が。

とはいえ、まだリリースされたばかりのアプリ。
サーバ側のチューニングやらアプリの使い心地も改善されると思われるので(関わってるメンツがメンツだしw )
ユーザとして「この人が勧めているお店なら!」と思われるようにバシバシ登録しようかなと。

はー、また太りそうw

 
Similar Posts:

Comments:0

Comment Form
Remember personal info

Trackbacks:1

Trackback URL for this entry
http://moga.oops.jp/moblog2/archives/4170/trackback
Listed below are links to weblogs that reference
この人が行ってるなら旨いんだろう、って探し方に使えそうな食べ物写真SNSアプリ「miil(iPhoneアプリ)」 from 死して屍シルブプレ?
pingback from iOS AppFocus【20111019-31版】〜話題のアプリを厳選紹介。 | @CDiP 11-11-01 (火) 0:04

[…] この人が行ってるなら旨いんだろう、って探し方に使えそうな食べ物写真S…(via 死して屍シルブプレ?2.0) 食べ物系の写真投稿アプリとパッと考えると、mogsnapであるとか 本来は違うんだろうけどInstagramとか、Pathとかも有った気が。 そんな食べ物系のアプリにまた新しいものが登場。 [ …[5] apps1 […]

Home > iPhone > この人が行ってるなら旨いんだろう、って探し方に使えそうな食べ物写真SNSアプリ「miil(iPhoneアプリ)」

Tag Cloud

Return to page top